額(ひたい)のほくろ

hitai_senikyuP40

この遷移宮は文字通り、移動(遷移)に関する事を見る部分です。例えば引っ越し、旅行、遠地の企業との取引きといった運を見ることができます。
一般に遷移宮にあるホクロは『放浪ぼくろ』として働く事が多く、このほくろを持つ人は毎年異なった土地で新年を迎えるような職に就きやすいとか、きまった家に落ち着く事ができず次々と住まいを変える傾向が強くなるでしょう。また放浪癖を持つ人も多く、ふらりと家を飛び出したまま何年も家に帰らないような流れ者気質が抑えられない事があるかもしれません。

特にそのほくろが死にぼくろであれば、よりいっそうの注意が必要です。この場合の死にぼくろは、移動にともなう精神的、物理的な苦しみや悩みを増幅させてしまうためです。移転や旅行の際にはあくまで慎重に行動されるのがよいでしょう。

活きぼくろなら大きなリターンも期待できる

そこにあるのが活きぼくろであればその意味あいは変わってきます。
移動をあらわす遷移宮にあるほくろですので、移動のために振り回されてしまう本質は活きぼくろであれ死にぼくろであれ同様です。ただし、死にぼくろのように移動が必ずしもマイナスになる訳ではなく、結局ほうぼうへ苦労して足を運んで得た知識が出世の役に立ったり、引っ越しや旅行で散財してしまっても、そのおかげで生涯つきあっていける人物と出会えるといったプラス面があらわれるからです。

恋愛運も教えてくれる、別名『恋ぼくろ』

眉がしらから眉じりに向かって直線を引き、この遷移宮と交わる部分を特に小宇宙(しょううちゅう)と呼びます。ここに2~3個ホクロがある場合、それは『恋ぼくろ』として見る事ができるのです。この恋ぼくろがある人は情にもろく、他人の言動に動かされやすい優柔不断さを持っています。他者からの誘惑に勝てず、間違いを起こしやすいタイプだと言えます。この恋ぼくろを持つ方は恋愛による失敗を招きやすい相であるのを忘れないのが吉です。

恋愛面では泣きを見る事が多い『失恋ぼくろ』

遷移宮のほくろで一番覚えておいたほうがよいのがこの『失恋ぼくろ』です。
女性の右の遷移宮で、一番下側(髪の生え際ではなく眉に近いほう)に死にぼくろがある場合、それは『失恋ぼくろ』とされ、悪い意味を持ちます。容姿は悪くないのに、恋人ができてもそれ以上の関係にはなれなかったり、何度お見合いをしても話がまとまらないといった異性運の悪さがあらわれます。
ただし、そこにあるのが活きぼくろならば、多少の中傷や不運にあったとしても、いつも明るく積極的な態度でいる事で、周囲からあなたへの評価がよいものになります。それは異性関係でも同様ですので、明るい態度で人と接するように心がけましょう。

hitai_indouP25

この場所は、人間の中でとても大切な場所で急所としての意味も持っている部分で、その人の夢の達成や、今現在の運気のあがりさがりを見る場所です。
この部分の正中線上(正面から体を見て体の左右の中心を縦につらぬくライン)に色のわるいほくろがあるのは非常に悪い意味になります。商売をしている人なら運の悪さが続き儲ける事は難しいでしょう。また、女性であれば結婚に問題が出やすくなります。結婚式ギリギリになってご破算といった事にもなりかねません。

広い印堂は大きな心を持つ証拠。狭い印堂は度量の小さい証拠。

一般に、印堂の幅の広い人は心が大きく才気に富むと言われます。目上の人からの印象も良いので、大きな苦労無しに思いが成就できるといった運の良さも持っています。
ただし、そのような人でもここにほくろがあると少し意味が変わります。例えば就職試験では優秀な成績をおさめたのに、コネ入社をした人のために自分は入社できないといったツキのなさが出てくるかもしれません。

反対に両眉の間が狭く、親指ほどの隙間も無いようであれば、神経質で気の小ささの目立つ性格だと言えます。また、さらにここにほくろがある場合、度量の小ささが増幅されます。希望を達成するとか、成功者として栄光を手に入れるといった際には障害になってしまう相だと言えます。

女性なら「尻軽」と陰口をたたかれてしまうケースも

それではこれを女性に当てはめてみてみましょう。
女性で印堂の広い人は、男勝りでサバサバした性格だと言えます。姉御肌でその「おっとこ前」な気性は人に好かれる面も持っていますが、それが弱点に働く場合もあります。ここにほくろがあり、目や唇に好色の相を持っていると、制御できないほど奔放な性生活を送る事になりかねません。「尻軽女」などと陰口をたたかれ、せっかく真面目にお付き合いを続けていた人とは別れなければいけないといった不運にあう場合もありますので、開放的になりすぎないよう心がけてください。

ほくろがあるならより注意!引き出されるヒステリックな面

印堂がせまく、ほくろも持っている女性なら、暗くジメジメした性格が強く出てしまうので注意が必要です。些細なことでイライラしたり、ヒステリックな言動が多くなりますが、それが幸せを逃す原因になってしまいます。例えば家庭内ではその陰湿な性格のためにお姑さんと対立してしまったり、夫に愛人ができて家庭の和が保てなくなってしまうなど泣きを見る事があるでしょう。

このように、印堂の場合たとえ色の良い活きほくろがあってもあまり良い意味にはなりません。ここにほくろを持っている人は自身の持っている気運を理解し、受け入れて生きていくと大事には至らないでしょう。

hitai_fukutokukyuP35

左右の眉毛の上の部分で、顔の外側三分の二ほどの場所を福徳宮と言います。
この部分は金運や特に高額な経済面の流れを見る部分になります。特に女性の右、男性の左は対外的な営業面を見て、逆側は私有財産などの個人的な金銭面を見る事ができます。

お金がどんどん出ていってしまう散財ぼくろ

女性の右、男性の左の福徳宮、つまり先ほど対外的な営業面を見る場所とお伝えした位置ですが、ここの眉から離れた位置に死にぼくろのある方は金銭面での注意が必要です。ここにあるほくろは『散財ぼくろ』とも呼ばれるもので、財産の管理に苦労が絶えない相になります。会社運営の資金繰り、不動産の管理に特別な配慮を行わないと財産はどんどん出て行ってしまうでしょう。時には自身のせいだけでなく、部下の横領、関連会社の倒産、裁判での賠償金支払いなど、周囲からの影響で身動きがとれなくなってしまうおそれがあります。この場所に死にぼくろのある人は、よほどの努力を払わなければ金融業や大金を操作する様な職業には向かないでしょう。

なお、ここに活きぼくろがあってもそれは散財ぼくろをくつがえすようなプラスの意味を持ったものではなく、「大きな失敗はしない」程度の意味合いになりますので覚えておくとよいでしょう。

左右どちらであっても良い意味には取れない

ではその逆で、女性の左、男性の右にほくろがある場合はどういった意味になるでしょうか。

やはりここにほくろがある場合も『散財ぼくろ』としての意味は同じで、散財で苦労をする相になります。ただし、こちらの場合は個人的な理由での出費に気をつけなければなりません。副業に手を出して失敗したり、株や外貨取引で痛手を受けたり、ギャンブルに熱くなって私財を失ってしまうなどの散財です。場合によってはあなたのごく身近にいる親、兄弟、親戚にたかられたりすることもあるかもしれません。

散財ぼくろを持つ人は普段からのお金使いに気を使って

左右どちらでも福徳宮にほくろを持つ人は「自分は散財ぼくろを持っているんだ」という事を忘れずに、支出を考えて生活していくのがよいでしょう。もしそれが更に死にぼくろならば、財産に関する苦労はより大きくなります。金融業や大金を扱うような職業には向いていないと言えますのでご注意ください。

人付き合いに難あり。争いごとにも巻き込まれやすい

額_司中正P22

この部分、司宮(しぐう)中正(ちゅうせい)にほくろのある人は、移り気だったり、職を変えがちだったり、目上の人に対しての反骨心が強かったりするので、なかなか出世が難しい場合も。ここに死にホクロがあると悪い意味がつよくなるので、人付き合いをできるだけ避けれる仕事、個人でできるような職業が向きます。争い事や裁判などのトラブルに巻き込まれやすくもありますので、争いごとはできるだけ避けるように心がけてくだっさい。活きぼくろであれば、問題は起こるものの、わりとスムーズに解決するでしょう。

恋愛運は芳しくない。婚期が遅れがちになるほくろ

ここのほくろは、結婚運、そして職業運に関する事柄を見ます。ここにほくろがある人は、俗に言う「非モテ」系です。恋人がいても、なかなかプロポーズされなかったりと、婚期が遅れがちになりそうです。人と変わったような行動はできるだけ慎みしおらしく行けば、結婚できないということはないでしょう。このほくろが活きぼくろだった場合は晩婚での幸せがまっているでしょう。真ん中より少しずれている位置にあるほど、晩婚運が上がっていくようです)

顔の中心線よりずれた位置にハッキリした活きぼくろがあれば、欠点を補っていけます。目上の人へすべてとはいいませんが、ある特定の人などとは良好な関係が築けるでしょう。目上の人が三人いたとすすれば、そのうちの二人から高評価を得られ、出世もうまくいくでしょう。

運転のセンスなし? 交通に関わる運命がわかる

額_交通P38

額の中心からずれたあたり、交通(こうつう)。この場所にほくろのある人は乗り物関係での運勢をみたり、交通事故への運勢をみます。運転に関して言えば、運転免許を取得するのにとても時間がかかったり、いざ免許を取ってハンドルを握っても、その乗り心地の悪さから周囲からはあの人の運転は恐いと敬遠されるかもしれません。
このような相ですので、何かしらの運転手、パイロット、船員、鉄道マンなど、運転で人の命を預かる職業の人たちには、絶対に欲しくないほくろと言えるでしょう。

死にホクロがあったら危険回避を心がけて

左右のどちら側にでも小さくて色のよくない死にぼくろがあるのなら、居眠り運転で歩行者をはねてしまったり、後続車に追突されたり、歩行中に車に引っ掛けられてしまうなど、加害者被害者を問わず、交通に関して最悪の事態を呼ぶおそれがあります。男性でも女性でも、車の運転はなるべく避け、歩行中は少し遠回りになってもきちんと信号のある横断歩道を使うのが良いでしょう。

活きホクロでも安心しないで

一般的に、活きホクロがあるのは良い運気をあらわしますが、交通の場合、少し注意が必要です。
たとえここに大きくて色艶の良い活きぼくろがあっても、それは良い意味にはとれません。活きぼくろのおかげで命にかかわるような大きな事故が起こる事はないでしょうが、乗り物に対するこだわりが妙に強くあらわれる場合があります。とにかく高級車ばかりに興味を持ったり、ヴィンテージカーに異常にこだわっているのに、仕事には全く興味がなく、うまくいかないといったケースがあるでしょう。

まきこまれないためのチェックポイント『加被害宮(かひがいきゅう)』

もしあなたが、交通にほくろのある人からドライブのお誘いを受けたら、すぐに返事をする前に相手と自分の右の眉頭をチェックしてください。これは男女とも、右の眉頭が『加被害宮』と呼ばれる場所だからです。例えばここに吹き出物などができた場合、それは何かにまきこまれる危険信号だと覚えておいてください。
もしあなたの右の眉頭にニキビができている場合、ひとまずドライブのお誘いは断るのが無難でしょう。

額_公友P33

身近な人間関係を教えてくれるほくろ

この部分は知人、友人や同業者のような、身近な人間関係を見る部分です。女性ならば右は仕事上の関わりがある人や異性を、左は私的な友人、知人そして同性の友達との繋がりを表しています。男性は左右が逆になる点にご注意ください。

本当の友人に恵まれる

この部分の肉付きがよく色つやがきれいな人は、人生の悩みや恋愛問題なども相談できるような心からの友人に恵まれます。少々肉付きが悪い場合でも、そこにあるのが黒々とつやのよい活きぼくろがあればそれは『吉ボクロ』として働きますので良い友人に出会えるでしょう。

色の薄いほくろは本当の友人に恵まれない

もしここにあるのが色のわるい死にボクロだった場合、寂しい人間関係しか築けないかもしれません。会社内であれば陰険な手段で仕事の邪魔をされたり、上司からいわれのない中傷を受けたりします。また、それを親身に相談できるような友人も現れないため、より辛い状況になっていくかもしれません。

同じ場所にあるほくろでも、それが活きぼくろか死にボクロかで意味が大きく変わる事を覚えておいてください。

 

 

額_天中天庭P20

反抗的で攻撃的な性格

顔の正面、生え際から下のこの部分(天中)にほくろがある人は、子供の頃、あまり恵まれた環境でなかった人が多いようです。早くから世間の荒波にもまれた経験が少なからずあるのではないでしょうか。そんな運命からか、反抗的な性格になり、目上の人などに攻撃的な態度を示してしまうこともしばしば。せっかく訪れたのチャンスなども自ら打ち消してしまう可能性があるので注意してください。

最後までやり通す努力を務めて

細かいミスも目立つタイプです。書類などの書き間違え、印鑑ミス、期限間違えなどの凡ミスも多発しそうです。念入りに計画をしたとしても、最後の仕上げて、思いがけない失敗があるかもしれません。細かいミスの結果、最後の詰めが甘さが出がちですので、最後まで油断せずにやりとげてください。

争いごとは極力さけてることで運命は開ける

裁判などの運も良くないようです。訴訟などの争いはできるだけ避けることをお勧めします。事業面では世間からの信用を失うような事件に巻き込まれる可能や、ぼんやりですが、人からの信用を得られない事があるようです。日頃から誠意ある付き合いを心がけるといいでしょう。

 

活きぼくろであれば、良い結果に落ち着く

この場所に色艶のよい、コントラストがはっきりした生きほくろがある場合は、先ほどの問題は起こりがちですが、持ち前の反骨心が良いように表れます。起きた問題を手際よく解決する術が不思議と周りから湧き出てきます。友人や、身内からも協力者が現れることでしょう。

子どもの頃は不遇でも、世の中の試練に耐えて成功を手にすることができるでしょう。

 

額_不時宮P28
不二丘(ふじきゅう)

予測不能な不運を引き当ててしまうほくろ

この場所にほくろがある人は、予測不可能な不運を引き当ててしまうことがあります。
例えば、交通事故や喧嘩などに巻き込まれてしまい怪我をさせられてしまうなど、自分とはまったく関係ないところからの不幸に悩まされるかもしれません。このほくろの他に、鼻の頭にもほくろがあるとそれは顕著に現れるようです。

やさしくて情にもろいタイプが多い

ここにほくろある人は基本的にとても素直でいい人です。情にもろく、やさしくて、他人に影響されやすいタイプです。そんな性格も手伝ってか、友人発信のトラブルの影響を受けやすいので注意して下さい。友人にするならなるべく温和で理性的な人をお勧めします。周りのトラブルに巻き込まれる確率も下がりますので、友人選びが人生を決めると言っても過言ではないかもしれませね。

予兆をきちんと知れればトラブルが防げる?

トラブルに巻き込まれる予兆として、右の眉頭にニキビができたりしますので、朝起きたら鏡でチェックしてみる習慣をつけると良いと思います。大事に至る前に気がつければ、最小限に抑えることができます。男性の左、女性の右にある場合は、仕事上の問題、その逆位置にある場合は、私生活での問題に気をつけて下さい。

ここに生きほくろがあるならば、上記のようなトラブルは最小限に止まるでしょう。

額_日角月角P30日角•月角(にっかく げっかく)

親との関係が薄い

この場所にあるほくろは親との縁を見ます。両親が離婚してしまったり、幼くして死別してしまったりと不運が巡りそうです。たとえ何事もなく過ごせているようでも、親不孝をして不幸を招いてしまう可能性もあります。

男性の左側、女性の右側にある場合

子ども時代、父親との縁が薄い人です。父親の事業が失敗したり等の原因で両親が離婚して母子家庭で育ったりなどのケースがあります。逆に自分が原因で父親に迷惑をかける場合もあります。非行などの問題で警察沙汰を起こし、父親の社会的立場を脅かしてしまうかもしれません。

男性の右側、女性の左側にある場合

この場合は母親との関係をみます。母親のだらしなさに嫌気がさしてみたり、ことごとく意見が合わなかったりで喧嘩が絶えません。母親に冷たい態度で接して、泣かせてしまうような子どもだったかもしれません。これが生きほくろになると救いあります。父親との不仲の代わりに、母親の愛情をたっぷり受けて育ったり、おじいちゃんおばあちゃんや親戚のおじさんなどから可愛がられます。

図の丸い部分を取り囲む位置にほくろがある場合

図の丸い部分を取り囲む位置にほくろがある場合は親戚との相性がわかります。顔の内側に近い方にあると近しい親戚、顔の外側にあると遠い親戚です。そんな親戚から迷惑をかけられたり、トラブルを起こされたりしそうです。

生きほくろの場合は、迷惑というよりは、親戚からの過剰な干渉に悩まされるかもしれません。悪気はないのですが、よけいなおせっかいになってしまう場合があります。