スバリ、交通事故には注意です 交通(こうつう)


運転のセンスなし? 交通に関わる運命がわかる

額_交通P38

額の中心からずれたあたり、交通(こうつう)。この場所にほくろのある人は乗り物関係での運勢をみたり、交通事故への運勢をみます。運転に関して言えば、運転免許を取得するのにとても時間がかかったり、いざ免許を取ってハンドルを握っても、その乗り心地の悪さから周囲からはあの人の運転は恐いと敬遠されるかもしれません。
このような相ですので、何かしらの運転手、パイロット、船員、鉄道マンなど、運転で人の命を預かる職業の人たちには、絶対に欲しくないほくろと言えるでしょう。

死にホクロがあったら危険回避を心がけて

左右のどちら側にでも小さくて色のよくない死にぼくろがあるのなら、居眠り運転で歩行者をはねてしまったり、後続車に追突されたり、歩行中に車に引っ掛けられてしまうなど、加害者被害者を問わず、交通に関して最悪の事態を呼ぶおそれがあります。男性でも女性でも、車の運転はなるべく避け、歩行中は少し遠回りになってもきちんと信号のある横断歩道を使うのが良いでしょう。

活きホクロでも安心しないで

一般的に、活きホクロがあるのは良い運気をあらわしますが、交通の場合、少し注意が必要です。
たとえここに大きくて色艶の良い活きぼくろがあっても、それは良い意味にはとれません。活きぼくろのおかげで命にかかわるような大きな事故が起こる事はないでしょうが、乗り物に対するこだわりが妙に強くあらわれる場合があります。とにかく高級車ばかりに興味を持ったり、ヴィンテージカーに異常にこだわっているのに、仕事には全く興味がなく、うまくいかないといったケースがあるでしょう。

まきこまれないためのチェックポイント『加被害宮(かひがいきゅう)』

もしあなたが、交通にほくろのある人からドライブのお誘いを受けたら、すぐに返事をする前に相手と自分の右の眉頭をチェックしてください。これは男女とも、右の眉頭が『加被害宮』と呼ばれる場所だからです。例えばここに吹き出物などができた場合、それは何かにまきこまれる危険信号だと覚えておいてください。
もしあなたの右の眉頭にニキビができている場合、ひとまずドライブのお誘いは断るのが無難でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA