タグ・アーカイブ: 人相学

hitai_senikyuP40

この遷移宮は文字通り、移動(遷移)に関する事を見る部分です。例えば引っ越し、旅行、遠地の企業との取引きといった運を見ることができます。
一般に遷移宮にあるホクロは『放浪ぼくろ』として働く事が多く、このほくろを持つ人は毎年異なった土地で新年を迎えるような職に就きやすいとか、きまった家に落ち着く事ができず次々と住まいを変える傾向が強くなるでしょう。また放浪癖を持つ人も多く、ふらりと家を飛び出したまま何年も家に帰らないような流れ者気質が抑えられない事があるかもしれません。

特にそのほくろが死にぼくろであれば、よりいっそうの注意が必要です。この場合の死にぼくろは、移動にともなう精神的、物理的な苦しみや悩みを増幅させてしまうためです。移転や旅行の際にはあくまで慎重に行動されるのがよいでしょう。

活きぼくろなら大きなリターンも期待できる

そこにあるのが活きぼくろであればその意味あいは変わってきます。
移動をあらわす遷移宮にあるほくろですので、移動のために振り回されてしまう本質は活きぼくろであれ死にぼくろであれ同様です。ただし、死にぼくろのように移動が必ずしもマイナスになる訳ではなく、結局ほうぼうへ苦労して足を運んで得た知識が出世の役に立ったり、引っ越しや旅行で散財してしまっても、そのおかげで生涯つきあっていける人物と出会えるといったプラス面があらわれるからです。

恋愛運も教えてくれる、別名『恋ぼくろ』

眉がしらから眉じりに向かって直線を引き、この遷移宮と交わる部分を特に小宇宙(しょううちゅう)と呼びます。ここに2~3個ホクロがある場合、それは『恋ぼくろ』として見る事ができるのです。この恋ぼくろがある人は情にもろく、他人の言動に動かされやすい優柔不断さを持っています。他者からの誘惑に勝てず、間違いを起こしやすいタイプだと言えます。この恋ぼくろを持つ方は恋愛による失敗を招きやすい相であるのを忘れないのが吉です。

恋愛面では泣きを見る事が多い『失恋ぼくろ』

遷移宮のほくろで一番覚えておいたほうがよいのがこの『失恋ぼくろ』です。
女性の右の遷移宮で、一番下側(髪の生え際ではなく眉に近いほう)に死にぼくろがある場合、それは『失恋ぼくろ』とされ、悪い意味を持ちます。容姿は悪くないのに、恋人ができてもそれ以上の関係にはなれなかったり、何度お見合いをしても話がまとまらないといった異性運の悪さがあらわれます。
ただし、そこにあるのが活きぼくろならば、多少の中傷や不運にあったとしても、いつも明るく積極的な態度でいる事で、周囲からあなたへの評価がよいものになります。それは異性関係でも同様ですので、明るい態度で人と接するように心がけましょう。

hoho_shikotu92

耳下のあご骨で、俗に『えら』と呼ばれる部分の事を腮骨(しこつ)といいます。耳の付け根から下に向かって、骨に沿った指2~3本分の場所とその骨の後ろ(奥)の指1本分ほどをあわせた位置になります。
頬骨を、世間に対する闘志を見る陽の部位とすると、この腮骨は陰の部位ととらえる事ができます。顔の中では中心から最も離れた場所なので、主に心の奥に秘めた闘志や強情性があらわれます。この腮骨のほくろは別名『強情ほくろ』とも呼ばれます。左右どちら側でも腮骨にほくろがある人は強情な面をどこかに持っている人で、反骨心も強く現われます。腮骨は貧弱でもそこに活きぼくろがある人は、しっかりとした腮骨を持つ人のように、粘り強く芯の通った性格が現われて良い相になります。

その強情さに周囲もまきこまれないように

続いて腮骨部分の形による意味の違いを見ていきましょう。
腮骨が骨ばって、横に大きく張っている場合、強情で人に逆らう傾向がより強くなります。この人相は『反逆の相』とも呼ばれ、扱いづらいと敬遠されがちですが、もし活きぼくろがそこにあれば強い自制心が働きプラスに転じるでしょう。逆に色のよくないほくろを持つ人には注意が必要です。自分本位の勝手な性格は助長され、恩になった人でも平気で裏切るような非道もやりかねません。自分の欲望を満たすためなら人を踏み台にすることも躊躇しません。身近にこの相を持つ人がいたら、その自己主張にまきこまれないよう注意してください。

腮骨の輪郭がほっそりしていてほくろがあるという人は、姑息な性格が出やすいタイプです。いつもは弱気なのに、いったんつむじを曲げてしまうとテコでも動かない強情さで周りを困らせたりします。人のえり好みも激しく、自分の気に入らない相手には陰から意地の悪い仕打ちをしたり、貶めるためにありもしない悪口を言いふらすといったことも平気です。また、この欠点は概して女性よりも男性に強く出るのを覚えておいてください。もちろん、ここに活きほくろがあればそのようなマイナス面は抑えられます。感情的で陰険な悪い癖は出にくいでしょう。

河川関連の職業はお奨めしません

腮骨の部位の中でも河海(かかい)にほくろがある人は川に注意が必要です。可海とは腮骨のほっぺた側の指2本分位の場所を指しますが、ここは特に川に関する事を見る場所になります。
ここにほくろのある人はズバリ、河川関連の職業はお奨めしません。また、河川の近くに家を構えるのもやめたほうが良いでしょう。可海にほくろを持つ人は河川との相性が良くなく、悪い場合には命にまで関わる恐れがあるためです。河川と相性が悪いこのほくろは、直接水害に遭うといったストレートなものから、例えば釣りの魅力にハマってしまい仕事や学業に全く集中できなくなってしまうといった間接的な不利益をもたらす場合もあります。

海外での仕事に向いてる人と向いてない人

もう一箇所、腮骨で特別な見方をするところがあります。腮骨のいちばん下の首との境い目あたり、つまりえらの下方部分です。ここは『海外宮(かいがいきゅう)』と呼ばれ、文字通り海外とのつながりを見る部分になります。

もしここに活きほくろがあって、普段から海外に夢を抱いている人ならば海外留学でも、海外駐在でもためらわずに夢に向かうことをお奨めします。このほくろを持つ人は、こと海外が関係するとおおきな苦労があってもそれを跳ね返し、目的を達成して実績を上げる行動力がある人だからです。

逆に、海外宮に色の悪いほくろを持つ人にとって海外は危険な場所になります。書類やパスポートの不備で海外までたどりつけない程度ならまだしも、海外に出て現地の国際空港に降り立ったとたん、持ち物全て盗難に遭って何の目的も遂げられなかったという事にもなりかねません。商売でも学業でも海外から得るところは少ないでしょう。

隠し事をするには向かない人

hoho_meimonsyouheki89

頬骨と耳の間で、もみあげのあたりを命門、その下の耳たぶからえらのあたりを障壁と言います。
人相学の観点から見れば、耳は内蔵の様子を教えてくれる重要な部分です。その耳から、自分自身を意味する鼻に活力を送り出すのが耳の隣に位置する命門になります。つまり、命門にほくろがあるという事はその力の流れをふさぐことになり、生命運に弱みがあるといった意味になります。
また、障壁は顔の正面から見ると隠れた位置になるので、ここにほくろを持つ人は隠し事や秘密保持に関して不安があるといえます。一般に、命門・障壁にほくろがあるという人は隠し事をするには向いていないと言われていますが、もしこのほくろを持つ人に秘密を打ち明けてもそれは秘密にはならず、すぐに周囲の皆に情報が伝わってしまうので注意してください。

女性の右は対外面を、左は家族や私的な関わりをあらわす

続いて左右での意味の違いをみます。
女性の右、男性の左は仕事や職場での対人面をあらわし、逆側は私的な面や家族に対する内面を見る事ができます。つまり女性の右、男性の左にほくろがある場合、仕事面での秘密を守る事に不安がある相になります。例えば競争相手には秘密にしておかなければならないアイデアを喋ってしまったり、機密文書などを洩らしてしまい、会社に大損害を与えてしまうといったおそれがあると言えます。ただし、肉付きのわるい命門・障壁に、黒々とした活きぼくろがある場合、その欠点をだいぶ抑えてくれます。

女性の左、男性の右にほくろがある場合、近しい人から打ち明けられた内緒話を自分の胸にしまっておけないとか、家庭内の私的な事情を人に悟られやすいといった、信頼に欠ける面が出やすくなります。「ここだけの話だからね。」とか、「絶対他の人には言わないで!」といった約束は無意味になってしまうタイプです。

命門・障壁のほくろで、耳のごく近くに位置する場合には、男性でも女性でも恋愛問題で秘密を持ちがちです。しかもそれは自分が悩むだけでなく、両親といった周囲の人たちまで心を痛めるような結果になります。ただし、それが活きぼくろであれば、例えば家族に隠れて浮気をしていても、本気になって深入りするおそれは少ないでしょう。

水の災害には注意が必要

命門・障壁のほくろでを持つ方にもう一つ注意して欲しい点があります。それは『水難』です。
もしあなたの命門・障壁の左右どちら側にでもほくろがあるのなら、自分の住まいを見つける際には慎重に考え、とくに地形をよく調べてから決めるようにしましょう。せっかく自分の城となる家を構えても、集中豪雨で地滑りにあい、家や財産を失う可能性を持っていますのでこの言葉を覚えておいてください。
もし障壁だけにほくろがあって、他の部分には無いようなら、命や財産まで失う心配はありません。

人望が薄いのは肉付きのわるさのせい?

hoho_nuboku

下唇両脇のななめ下で、頬骨から下に向かった一番下の部分を奴僕と言います。ここにほくろでは、自分自身と、部下や後輩との人間関係や忠誠心を見る事ができます。

一般に肉付きの良い奴僕は良い相とされます。例えばかなりふっくらとした奴僕を持っている人は、忠誠心の厚い後輩や部下に恵まれたりして、会社や組織を繁栄させられるでしょう。逆に細く尖ったあごで奴僕の肉付きも良くない場合は凶相となります。

死にほくろがあると災難が重なる

肉付きの良くない奴僕に、さらに色の良くない死にぼくろがある方は特に注意が必要です。
この相を持つ方の場合、目下や部下との人間関係での苦労に悩まされます。ストレスで精神状態が不安定になった部下から足を引っ張られたり、殴られたりといった災難を受けるかもしれません。もしこの相をもっていて組織で働く人は、部下との和に気を使うよう心がけましょう。

奴僕の右と左で意味は違ってくる

続いて奴僕の左右での意味の違いについて見ていきましょう。
女性の右、男性の左の奴僕にほくろがあると、会社勤めであれば部下や後輩に人気がなく、また信頼できるような部下にも恵まれないでしょう。あなたの考えを理解して片腕となって働いてくれる部下がいつまっでたっても現れないとか、商人であれば、人を雇ってもいつもすぐにやめられてしまったり、酷い場合には売上金をごまかされるといった心配がつきまといます。

また、女性の右側のほくろが色のわるいほくろなら、男女関係での注意が必要です。会社でなら後輩男性と親密になったり、商店の奥さんなら店の雇い人と恋に落ちるといったケースが考えられます。家庭争議に発展する大事になりかねませんので十分にご注意ください。

活きぼくろは良好な人間関係を促してくれる

ではそれとは左右逆にほくろがある場合はどのような意味になるでしょうか。
女性の左、男性の右の奴僕にほくろがあると、使用人には縁がなく、人探しには苦労します。もし、せっかく時間、お金や労力を使って人を雇ってもなかなか思うような関係を築けず、逆恨みであなたの子供がいじめられたりするかもしれません。

もしそれが活きぼくろならば、逆に部下や雇い人と良好な関係が築けます。多少のコミュニケーションミスがあり、一時的に行き違いがあっても最終的には信頼し合える良い関係ができ、あなたの役に立ってくれる事でしょう。

 

あれもほしい、これもほしい!が表れるほくろ

頬_zokutou83

頬骨の下の人差し指幅ほどの部分を賊盗といいます。頬骨が世間に対する権威や欲望の表れる部分とすると、賊盗はその頬骨の下で隠れる部分にあたり、影になっているといえます。そのためこの部分は心の中にしまってある欲望があらわれるところになるのです。

あなたの心だって盗みます

女性の右、男性の左の賊盗は自分と社会の関わりを見る場所になります。ここにほくろがあると言う事は、先輩や友人を犠牲にしてもその名誉や地位を奪いたがる傾向が強い事を示しています。もともと権威欲が強いタイプの人であれば、その傾向はより顕著になるでしょう。

ただし、もしこれが活きぼくろなら、自分の欲望を無理矢理に押し通すような非常識な行動はしないでしょう。むしろ、活きぼくろによって他人の心を盗むくらいに魅力あふれる人間像になるといったように、プラスに働く場合もあります。ここから賊盗の活きぼくろは『心盗人(こころぬすびと)の吉』と見ることもできるのです。

恋愛面は諸刃の剣?

女性の左、男性の右は私生活を見る場所になりますが、他人からの迷惑を受けやすく、例えば空き巣や強盗に狙われたり、仕事を探していても知人に先を越されてその働き口を諦める事になったりするでしょう。

愛情面では友人の恋人を横取りしたりする反面、妻や恋人の心を盗まれてしまい、自分が大切にする人との関係が壊れてしまう諸刃の剣のような面も持ち合わせていると言えます。

ここにあるのがもし活きぼくろなら、色恋ばかりに多少熱心になってしまっても、他人に迷惑をかける前に冷静にさせてくれるでしょう。

またこの相は泥棒にも狙われやすいタイプですが、盗みに入られても怖い思いはしないで済み、大損害を出す事もありません。また、働き口や恋人といったものが一時的に盗られてしまっても、時間が経てば元に戻ります。絶望的な悲劇が訪れることはありません。

盗るのも好きだが盗られてしまう場合も

物欲の面を見ると、法律すれすれでもかなり強引に富を得ようとする傾向が強いと言えます。反面、営業面ではあなたの物やアイデアをかすめ取られたりする場合もあるかもしれません。大切に暖めてきた、とっておきの企画を盗られたり、得意先をさらわれて成績がさがったり、酷いときには売上金の損害にあい、地位や名誉まで失ってしまう可能性もあります。

そのような人の物を奪いたがる相が恋愛面に出てくると、やはり他人の恋人、夫や妻に心を奪われて、それを自分のものにしようとよからぬ行動に走ってしまいがちです。

何かを欲しいと感じた際には気持ちを落ち着けて、もう一度よく考えてから判断するのが良いでしょう。

運転のセンスなし? 交通に関わる運命がわかる

額_交通P38

額の中心からずれたあたり、交通(こうつう)。この場所にほくろのある人は乗り物関係での運勢をみたり、交通事故への運勢をみます。運転に関して言えば、運転免許を取得するのにとても時間がかかったり、いざ免許を取ってハンドルを握っても、その乗り心地の悪さから周囲からはあの人の運転は恐いと敬遠されるかもしれません。
このような相ですので、何かしらの運転手、パイロット、船員、鉄道マンなど、運転で人の命を預かる職業の人たちには、絶対に欲しくないほくろと言えるでしょう。

死にホクロがあったら危険回避を心がけて

左右のどちら側にでも小さくて色のよくない死にぼくろがあるのなら、居眠り運転で歩行者をはねてしまったり、後続車に追突されたり、歩行中に車に引っ掛けられてしまうなど、加害者被害者を問わず、交通に関して最悪の事態を呼ぶおそれがあります。男性でも女性でも、車の運転はなるべく避け、歩行中は少し遠回りになってもきちんと信号のある横断歩道を使うのが良いでしょう。

活きホクロでも安心しないで

一般的に、活きホクロがあるのは良い運気をあらわしますが、交通の場合、少し注意が必要です。
たとえここに大きくて色艶の良い活きぼくろがあっても、それは良い意味にはとれません。活きぼくろのおかげで命にかかわるような大きな事故が起こる事はないでしょうが、乗り物に対するこだわりが妙に強くあらわれる場合があります。とにかく高級車ばかりに興味を持ったり、ヴィンテージカーに異常にこだわっているのに、仕事には全く興味がなく、うまくいかないといったケースがあるでしょう。

まきこまれないためのチェックポイント『加被害宮(かひがいきゅう)』

もしあなたが、交通にほくろのある人からドライブのお誘いを受けたら、すぐに返事をする前に相手と自分の右の眉頭をチェックしてください。これは男女とも、右の眉頭が『加被害宮』と呼ばれる場所だからです。例えばここに吹き出物などができた場合、それは何かにまきこまれる危険信号だと覚えておいてください。
もしあなたの右の眉頭にニキビができている場合、ひとまずドライブのお誘いは断るのが無難でしょう。

死にぼくろがない人なんていない?

ほくろの見方①でもお話ししましたが、死にぼくろとは薄く濁ったような、ぼんやりとした印象のほくろのこと。黒くなく、茶色っぽかったり、コントラストが薄い場合は死にぼくろと判断します。このほくろはあらゆるマイナス効果を発揮してしまう悪い影響を与えるほくろですので、なるべくなら無いほうがいいですよね。しかしながら、ほくろがないという人は私は今まで出会ったことがありません。多かれ少なかれ、みなさん死にぼくろも持っていのが現状です。

死にぼくろがあっても悲観しない

死にボクロを見る上で一番大切なことは、ほくろの告げている運命の意味に気がつくことが大切。運命の意味がわかったら、悲観するのではなく、そのマイナス面を補うような行動や対応をすればいいのです。自分の欠点をきちんと知ることは、自分磨きの第一歩になります。その部分に注意を払い、努力していくことで運命は必ず好転していくことでしょう。ほくろも手相と同じで変化していく習性をもっているので、自分の運命を真摯に受け入れ、改善することでほくろ自体の存在も変わってくるのです。死にボクロは人生の指針であり、戒めであり、自分自身の成長には欠かせない存在なのです。

活きぼくろでも安心できない

ほくろ自体の存在(位置や大きさ、色など)も変わる可能性があるということは、活きぼくろでも安心できないということです。恵まれた自分の幸運の上にあぐらをかき、自分磨きを怠れば、ほくろは色艶をみるみる失い、気がつけば死にぼくろになっていたなんてことも十分に起こり得るので注意が必要です。

 

2件のコメント

頬_-kidouP78

人から好かれない、ねたみを買いやすい

ニコッと笑った際に、頬の肉がもり上がる部分を基堂と言います。基堂は、自分自身を意味する鼻と、世間を意味する観骨[かんこつ](=頬骨)の中間位置にあるため、自分が世間から受ける人気や評判を見ることができます。

ここにほくろがある事は基本的に、他人から好かれない、ねたみを買いやすいといった心配があることを覚えておいてください。また、基堂の盛り上がりの一番高く膨らむ部分にほくろがあるとその問題はいっそう強く現れる傾向に。

そこから脇にそれたり、他の部位の近くにほくろがある場合は、他の位置の影響も受けるため、意味は複雑になり生ます。例えば涙堂と鼻筋寄りにほくろがあれば、子供の苦労で夫婦喧嘩が起きやすく、近所でも噂になってしまうような場合もあるでしょう。

仕事に関する人間関係と私的な人間関係を見る部分は異なる

女性の右、男性の左のほくろは仕事に関しての人とのつきあいを見る部分です。たとえ基堂の肉付きが良くてもそこにあるのが色のわるいほくろなら、職場では人気があってもそのために妬まれて嫌がらせを受け、不愉快な思いをしてしまいます。逆にもしそれが活きぼくろなら、たとえ誤解されて嫌な噂をたてられても一時的なもので、本人にはたいして実害は無いでしょう。

では女性の左、男性の右にほくろがある場合はどうでしょう?この場合、私生活で覚えの無い噂に悩まされたり、仕事を離れたつきあいになると面白みのない人だと酷評されるといった傾向があります。

肉付きによっても違ってくる運気

ほくろのある場所の、肉付きの違いによってもその意味は変わってきます。例えば基堂で言えば頬の肉付きがわるく、笑ってもあまり膨らまないような平面的な基堂にほくろがある場合、あなたが商売人であればお客様受けは良くないでしょう。もしこのようなタイプで商売の発展を願うなら、対人面は奥さんや信頼できるビジネスパートナーに任せたほうが間違いがありません。

活きぼくろなら人に好かれる

ただし、基堂の肉付きが悪くてもそこに大きな活きぼくろがあれば話は別。少々評判の良くない面があってもどこか人に好かれる魅力が表れます。

例えばぶっきらぼうで取っ付きが悪いため初対面では嫌われてしまっても、だんだん気心が分かってくると、裏表が無く、飾り気のない人柄がうけて評判があがるなど、対人面での不評を補うことができます。

そこにあるのが死にぼくろの場合なら、華やかな人気商売には向いていないと心してください。木工や染色と言った基本となる手仕事を身につけ、自分の実力に共感して外から人が集まってくるような環境を選んだほうが良いでしょう。

ほくろには“活きぼくろ”と“死にぼくろ”の2種類が存在

ほくろには“活きぼくろ”と“死にぼくろ”の2種類が存在します。この二つのほくろは同じ場所にあっても意味が全く異なることが多く、運命を見るときにとても大切なポイントとなります。“活きぼくろ”というのは、黒くて、コントラストがはっきりしているほくろのこと。このような色艶のよいほくろは、多少悪い意味合いがあっても、それを乗り越えるだけのパワーを持った“運のよいほくろ”です。人相や手相で貧弱な相の上にあれば、その弱さをカバーしてくれたりもしてくれたりもするとても良いほくろです。

例えば、鼻頭の三センチ上部分にほくろがあるとします。これは離婚ほくろといわれ、中年期に影響があると言われているのですが、ここに活きぼくろがあると、その弱い部分をカバーして補ってくれるという訳です

さて、死にぼくろの特徴ですが、茶色っぽくて、ぼんやりした印象のほくろのことです。これってシミかな?ほくろかな?なんてよく分からないのもあったりもしますよね。それはもしかすると死にぼくろかもしれません。

このほくろがあると、いくら良い場所にあるといえどもマイナスの効果を発揮してしまうようです。たとえば、目のしたの部分は、そのひとの性機能のスタミナを予見する部分ですが、ここに死にぼくろがあると性機能があまり活発ではないと判断できます。

顔ある活きぼくろと体にある活きぼくろとでは解釈が異なる

顔にあるほくろと体にあるほくろ。場所にとってその読み方も若干変わってくるので注意が必要です。顔にある活きぼくろは、大きい方くて、存在感のあると運勢が強くなります。今の時代、顔に大きいほくろがあるとみなさん嫌がりますが実はとても強相となります。盛り上がっていたり、毛の生えているほくろはさらに強運ぼくろとなるでしょう。

身体にある活きぼくろはちょっと複雑です。正面からみた顎(あご)の幅をそのまま胴体まで下ろしていった内側の部分。この部分を正中(せいちゅう)と言いますが、この正中の範囲内にあるほくろ以外は、よっぽどでない限り活きぼくろと考えてください。顔とは逆に、大きいものよりも、小さい方が良い意味が強まるとされています。正中(せいちゅう)の部分は複雑なので、また改めて記事にしたいとおもいます。

 

 

【まとめ】

ほくろには“活きぼくろ”と“死にぼくろ”がある。

顔にある活きぼくろは大きいほど良。

身体にあるほくろは小さい方が良(正中の範囲内にあるほくろ以外)

 

額_天中天庭P20

反抗的で攻撃的な性格

顔の正面、生え際から下のこの部分(天中)にほくろがある人は、子供の頃、あまり恵まれた環境でなかった人が多いようです。早くから世間の荒波にもまれた経験が少なからずあるのではないでしょうか。そんな運命からか、反抗的な性格になり、目上の人などに攻撃的な態度を示してしまうこともしばしば。せっかく訪れたのチャンスなども自ら打ち消してしまう可能性があるので注意してください。

最後までやり通す努力を務めて

細かいミスも目立つタイプです。書類などの書き間違え、印鑑ミス、期限間違えなどの凡ミスも多発しそうです。念入りに計画をしたとしても、最後の仕上げて、思いがけない失敗があるかもしれません。細かいミスの結果、最後の詰めが甘さが出がちですので、最後まで油断せずにやりとげてください。

争いごとは極力さけてることで運命は開ける

裁判などの運も良くないようです。訴訟などの争いはできるだけ避けることをお勧めします。事業面では世間からの信用を失うような事件に巻き込まれる可能や、ぼんやりですが、人からの信用を得られない事があるようです。日頃から誠意ある付き合いを心がけるといいでしょう。

 

活きぼくろであれば、良い結果に落ち着く

この場所に色艶のよい、コントラストがはっきりした生きほくろがある場合は、先ほどの問題は起こりがちですが、持ち前の反骨心が良いように表れます。起きた問題を手際よく解決する術が不思議と周りから湧き出てきます。友人や、身内からも協力者が現れることでしょう。

子どもの頃は不遇でも、世の中の試練に耐えて成功を手にすることができるでしょう。