タグ・アーカイブ: 健康

hana_sankon62b

顔の中で一番高い部分を鼻の先と見た場合、山根はそのふもとにあたります。山の重みを支える土台となる場所ですのでこのほくろは『責任ぼくろ』として見る事ができます。ここにほくろを持つ人は自分ではとても背負いきれないような責任を負わされる傾向にあります。
また、山根のほくろはたとえ活きぼくろであっても、死にぼくろよりはマシといった程度で、吉としてはとらえられません。
これからお話するような大変な事が起こるかもしれない相なんだと受け入れて、素早く危険を察知できるようにしておくと良いでしょう。

正中線に近いほど危険度アップ

山根の場合、体の中心線となる正中線上近くにほくろが位置するほど良くない意味になります。さらにそれが死にぼくろであったらそれはとても危険な責任がのしかかってくる印です。
車で人身事故を起こしてしまい、相手の生活を補償しなければならないとか、自分の意思に反して家業を継がされたものの経営はうまくいかず責任の重さに日々悩まされるようなケースが出てくるでしょう。
また、山根に太い横シワあって、そこにほくろがある場合、信じられる後継者が現れず、いつまでたっても第一線で働き続けなければいけない苦労も重なるでしょう。
それが死にぼくろであればそういったプレッシャーによって健康を損ねたり、精神的に参ったりしてしまう傾向がより強くなりますのでご注意ください。

女性にだって責任はのしかかる

女性の場合でも山根のほくろは責任ぼくろとしての意味を持ちます。
例えば未婚の方であれば家族を守る責任を全うするために婚期を逃してしまう事も考えられます。既婚者であれば、夫がたよりにならないために経済的、精神的に自分が一家を支えていかなければならないかもしれません。

危険信号を察知しよう

山根にはもうひとつ、『健康状態のバロメーター』としての働きがあります。体調に不良があると目と同様に山根にも変化が現れます。具体的にはうすねずみ色や枯れ葉のような暗い色が出てきて体に問題がある事を教えてくれます。鼻は顔の中心なので、体で言えば胃腸などの内蔵にあたります。ですので山根の色が良くない人は胃にトラブルが起こっている場合が多くあります。特に鼻は人生の中年期のできごとをあらわす部分でもありますので、30代以降は胃腸にはとくに気を使って生活するのが良いでしょう。

ほくろは体の状態も教えてくれる

hoho_chigogeko85

頬骨の下に人差し指を横向きに当てたとき、上から指二本目にあたるところを地庫、三本目を下墓といいます。地庫があらわすのはあなたの持つ土地と、体の中では胃です。下墓は親戚や、非常に親しい交際をしている人の不幸と腸についてあらわします。

住宅や土地問題には悩まされる相

地庫のほくろからは、あなたの住宅問題を見ることができます。
ここにほくろのある人は、住居の日当たりが悪かったり、PM2.5や近隣騒音に悩まされる傾向があります。これが店舗であれば商売に条件の悪い環境だったり、店舗の地所でもめたり、新たな店舗建設の際に受ける迷惑が多くなるかもしれません。

下墓と鼻の両方にほくろがある人は特に健康面に気配りを

文字を見るとなんとなく意味が分かるかもしれませんが、地庫は文字通り地面の倉庫、つまり土を指している言葉でもあります。
土は自分の中に全てを吸収し、自身の栄養とする働きがあるため、人体にあてはめると胃と見ることができます。ここにほくろがあり、更に鼻の長さの上半分の年上(ねんじょう)にもほくろがあると胃のトラブルに悩まされる懸念があります。

女性の右、男性の左の地庫にあるほくろは先天的な胃弱の、逆側はストレスや暴飲暴食が原因の胃病に注意が必要です。気の向くままに好きなだけ飲食をするような食生活は改めなければいけません。ただし、そこにあるのが活きほくろなら、住宅問題でも胃病でも、大きな危険に至ることはないでしょう。

地庫の下、下墓にほくろのある人は親戚や友人の病気、不幸などで、その人の家族にかわってあれこれと世話をやかされたり、後始末に苦労するかもしれません。しかしそれが活きほくろならば、自分の生活に負担がかかるほどの心配はないでしょう。

冒頭で地庫は体で言うと胃にあたると書きましたが、その場合、下墓は腸にあたります。下墓を腸と見た場合、地庫の胃と同様に暴飲暴食を避け、慎重に健康管理をするのが良いでしょう。なかでも下墓にほくろがあり、鼻の長さの下半分にもほくろがある場合、腸が弱い事をあらわします。すぐに下痢をしたり、腹痛に苦しめられる体質をよく考えて、腸をいたわる生活を心がけてください。